オヤジ達よ、カラオケのレパートリーにレキシを入れなさい!


main_1244

そこのあなた、レキシというミュージシャンはご存知ですか?あら、存じあげない?それは、ちょっとマズイでござるよ。

いまブレーク中のミュージシャンですよ。グループではなく写真の彼一人でレキシです。

先日、自身初となる日本武道館ワンマンライブレキシツアー もう一度遺跡について考えてみよう~大きなハニワの下で~」が開催され、ホリエモンなどの有名人も多数足を運ぶ人気ぶりで、チケットは即ソールドアウトになりました。

どんなミュージシャンかって?

そうです。アーティスト名やツアータイトルからもわかるように、ズバリ「歴史」がコンセプトのミュージシャンです。まずは、こちらの動画をご覧ください。

ご覧いただけましたでしょうか?ハイ。こんな感じでソウルテイストでポップな感じで、時にはラップも入れながら、日本の歴史について歌います!この、バカバカしくて、絶妙なユーモアのセンスがウケて、ワカモノに大人気です。

いま、レキシの曲をマスターして、カラオケで披露すれば、盛り上がること間違いなし、曲のイントロでアフロのヅラを取り出してかぶれば、確実にあなたが主役になれます!これから年末の忘年会シーズンに向けてますます注目度はあがっていくでしょう。

そしてレキシを語る上で外せないのは、「レキシネーム」です。

レキシとコラボレーションする人は必ず「レキシネーム」という、歴史にちなんだニックネームが与えられます。数々の有名なミュージシャンも「レキシネーム」を与えられています。一覧を見てみましょう。

池田貴史 (レキシ)
いとうせいこう (足軽先生)
曽我大穂 (いかるがくん)
小野眞一 (えどびしゃす)
玉田豊夢 from 100s (蹴鞠chang)
ハナレグミ (シャカッチ)
スネオヘアー (切腹さん)
原田郁子 from クラムボン (つぼねぇ)
町田昌弘 from 100s (DA小町)
中村一義 (Dr.コバン)
小谷美紗子 (パープル式部)
山口寛雄 from 100s (ヒロ出島)
ANI from スチャダラパー (MC末裔)
Bose from スチャダラパー (MC四天王)
安藤裕子 (聖徳ふとこ)
グローバー一義 from Jackson Vibe (東インド貿易会社マン)
椎名林檎 (Deyonna’)
堂島孝平 (マウス小僧jirokichi)
浜野謙太 from SAKEROCK,在日ファンク (織田信ナニ?)
Mummy-D from Rhymester (MC母上)
朝倉真司 (となりのトロ遺跡)
奥田健介 from NONA REEVES (健介さん格さん)
川上鉄平 (鉄剣通)
斉藤和義 (齋藤摩羅衛門)
Salyu (カブキちゃん)
滝本尚史 (滝のもとの人麻呂)
武島 聡 (TAKE 島流し)
真城めぐみ from HICKVILLE (お台所さま)
山上ひとみ (十二ひとみ)
山口 隆 (田んぼマスター)
渡 和久 from 風味堂 (元気出せ!遣唐使)
阿部芙蓉美 (阿部sorry大臣ちゃん)
増子直純 from 怒髪天 (城持狂兄)
坂詰克彦 from 怒髪天 (ハゲノウヅメ)
上原子友康 from 怒髪天 (たくみのかみ原子)
清水泰次 from 怒髪天 (夢のまに夢清水)
二階堂和美 (尼ンダ)
旗本ひろし (秦 基博)
持田香織 from Every Little Thing (もち政宗)
U-zhaan (ニセレキシ)
伊藤大地 (伊藤に行くならヒロブミ)
鈴木正人 from LITTLE CREATURES (御恩と奉公と正人)
TOMOHIKO (百休さん)
BOBO from 54-71(ボボ・ニッポン)
三浦大知(ビッグ門左衛門)
やついいちろう from エレキコミック(Deyonna[椎名林檎の代打ボーカルの時])

※NAVERまとめより引用
http://matome.naver.jp/odai/2140454249689473901

こんな感じで、「レキシネーム」が欲しいばっかりに大物ミュージシャンがコラボをオッケーするという笑い話もあるぐらい、「レキシネーム」も話題になっていますので、ぜひ自分や一緒にカラオケに行く人の「レキシネーム」も考えておいてください!

あともう一つだけ小ネタを教えておくと、「INA HO!(稲穂)」のコール&レスポンスも定番なので、ぜひチャレンジして見てください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です