AKB48に学ぶ自己PR術!あなたは誰タイプ?


AKB48

職場や学校などで、最初誰もが悩むのは自分のポジション。自分のキャラクターをうまくアピールすることで、職場や学校での生活環境がグッとよくなるものです。でも、自己PRって簡単そうで意外と難しい。

自分では「私は、人見知りだから…」と思っていても、それをうまく伝えることができないと、「人見知り」ではなく「リアクションが薄い」とか「暗い」などとマイナスに捉えられてしまう可能性もあります。

また、すでに同じキャラクターの人が職場や学校にいる場合もあります。これは厄介。

同じキャラなら、よりクセの強い方が残りますよね。あえて同じキャラで行くのもいいですが、誰も確立していないキャラクターを狙うことが重要です。

ただ、自分のキャラクターってどうやって演出していいのかわからない。何を参考にしていいのかわからない。

そう思ったみなさんに、オススメしたいのが国民的アイドルグループAKB48です。今度の17日には、毎年恒例のじゃんけん大会が開催されますが、彼女達ほど、グループ内でキャラ合戦をしているところはありません。

キャラが被っていたらメディアに出れない。先輩が確立したキャラをマネても二番煎じでメディアに出れない。笑顔で歌い踊る彼女たちは、それを理解して、新しいキャラクターの確立を常に模索しています。

そこで今回は、AKB選抜メンバーのキャラクターをビジネスマンのタイプに置き換えて考えてみたいと思います。ぜひ、自己PRの参考にしてください。

【渡辺麻友タイプ=デキる会社員タイプ】
AKBの中でも、王道アイドルの道を行く渡辺麻友タイプは、デキる会社員タイプ。変わったことをする必要はありません。とにかく仕事を実直にこなし、結果を出すことで、社内でのポジションを確立できます。

【指原莉乃タイプ=いじられタイプ】
仕事もそんなに出来るように見えないけど、先輩や後輩から妙に可愛がられるタイプです。いじられることで、場の空気を和やかにするムードメーカー。

【柏木由紀タイプ=人当たり抜群!いい人タイプ】
握手会で彼女のレーンに並んだ人は、その完璧すぎるやり取りに、すぐにファンになってしまうとか。そんな誰にでも神対応で接することが出来るなら、人当たり抜群のいい人タイプを目指しましょう。

【松井珠理奈タイプ=若さ爆発!体育会系社員】
2008年に11歳という若さで選抜入りした彼女。2014年の総選挙では、17歳という若さで4位にランクインするなど、若さを武器に大活躍。48グループの中でも体育会系と呼ばれるSKEのメンバーということもあって、先輩を立てるのもお手の物。新入社員は彼女のように振る舞うと先輩に気に入られるかもしれませんね。

【高橋みなみタイプ=圧倒的リーダータイプ】
300人を超える巨大アイドルグループの総監督として、メンバーをまとめる高橋みなみ。会社に置き換えれば、誰もが信頼するリーダーです。職場のリーダーを目指すアナタは、高橋みなみのように、慕われる人間になりましょう。

これらを参考にして、職場での自分のポジションを確立してくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です