私立恵比寿中学が2度目のMステ出演にまつわる黒いウワサ


artist_inbox-320_shiritsuebisuchugaku_art201412

ももいろクローバーZの妹分「私立恵比寿中学」が、2/20のミュージックステーションに2度目の出演を果たします。

前回出演時は、ネットでも「エビ中」がトレンド入り。
今回も「エビ中またM(ミュージックステーション)」というフレーズが一時トレンド入りしていました。

長年続く人気番組とはいえ、いちアイドルグループがミュージックステーションに出演することが、なぜこれだけ話題になるのか。

■Mステ出演を目標していた

それは、エビ中が今年に入ってから「Mステに出る」ことをグループの目標として大きく打ち出していたからです。

すでに、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ、日本武道館など、1万人規模のコンサート会場で単独公演を果たしているエビ中。

ただ、横浜アリーナではチケット完売に至らず、当日券が出ていたところを考えると、エビ中の現在の動員数の限界が1万人強なのでしょう。

■初出演がSMAPにいじられる

そこで、エビ中は今年1月にリリースした2ndフルアルバム「金八」で、「Mステ出演」を目標に掲げ始めました。

タイトルの「金八」は、Mステの放送日である「金曜八時」を暗示し、「Mステに出たい!」という思いが歌詞のいたるところにあふれている「金八DANCE MUSIC」を収録。

そして、2/6のミュージックステーションに初出演。
SMAP、三代目J Soul Brothers、JUJUといったビッグアーティストを抑えて、初出場にして、まさかのオオトリを飾りました。

メンバーの1人、廣田あいかの変な声をタモリさんやSMAPがいじったことで、ネットでも話題にのぼり、出演の評判も上々だったようです。

■なぜ異例の速さで2度目の出演が決まったのか

それが1週おいた2/20に、再びエビ中がMステ出演となりました。

しかも、今回披露する曲「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」は、ライブでおなじみの初期の名曲で、新曲でも、ニューアルバムに収録されているわけでもありません。

それなのに、Mステに出演するのは不思議でなりません。

■妹グループの事故との関係性

そこで、推測されるのが、ももいろクローバーZの妹分「3B junior」の12歳のメンバーがヘリウムガスを吸って、今も半身マヒというニュース。

実はこの「3B junior」というのは、ももいろクローバーZやエビ中が所属する事務所「スターダスト」のグループ。

AKB48でいう「研究生」、読売ジャイアンツでいう「育成枠」のようなもので、エビ中の中にも「3B junior」出身の子がいます。

そして、このヘリウムガスの事故を起こしたのがテレビ朝日なんです。

偶然にも、ミュージックステーションもテレビ朝日。
ここにどんな因果関係があるのか・・・。

■事故の補償でエビ中が出演?

放送局側の問題で、タレントが負傷などの事故を負うと、何かしらの補償をするのが芸能界の掟にあります。

「うちのタレントが出れなくて、稼げなくなったから、同じ事務所の違うタレントを使ってね」ってことです。

さて、ここからは推測ですが、今回のエビ中の異例ともいえる2度目のMステ出演の裏には、3B juniorの事故が関係あるのではないでしょうか。

事故の補償で、同じ事務所のエビ中が、テレビ朝日の看板音楽番組に出演。

どうなのでしょう。

真相は闇の中ですが、エビ中にはこのチャンスを生かして欲しいですね。

また、3B juniorのメンバーには、1日でも早く復帰してもらいたいものです。

☆☆☆☆☆☆
リアルな人気がわかる
ネットの口コミ音楽ランキング RUSH RANKING
http://rush.rancha.jp
headerLogo