洋楽アーティストとアイドルがコラボするのはアリかナシか?


momokucloverz_20130814up

ももいろクローバーZがアメリカのハードロックバンド・KISSとコラボして話題になりました。

BABYMETALも、レディー・ガガの前座で歌っていますね。

このように、海外の大物アーティストと日本のアイドルのコラボが最近増えていますが、このコラボは好意的に受け入れるものなのでしょうか?

ももクロとKISSのコラボを例にあげると、ももクロとKISSの両方が好きであれば嬉しいと思います。

また、ももクロだけが好きな場合でも、彼女達のこれまでの異色コラボをみていれば、KISSをよく知らなくても、好意的に受け止められると思います。

ただ問題は、純粋にKISSが好き、ハードロックが好きな人の場合。

何年、下手すれば何十年と来日を待ち続けていたライブなのに、アイドルとコラボしてしまう現実。

「本当は、アイドル無しで見たかったけど、まぁ、見られるならいいや」という人が多いのではないでしょうか。

ももクロとKISSの両方が好きという狭いターゲットだけが嬉しいコラボですが、なぜこのようなことになるのか。

恐らく、海外アーティスト単独では、お客さんの動員が心配ということでしょう。

人気のアイドルとコラボすることで、ある程度の固定ファンの動員が見込める。だったらコラボしようというわけです。

ももクロとKISSぐらい、有名なグループだと、コラボも相乗効果が生まれるかもしれません。

実際、コラボ楽曲もリリースしているわけで、一緒にライブをする意味があります。
「アリ」なケースですね。

では「ナシ」と疑ってしまいたくなるケースの話。

先日、イギリスのDJユニット・BASEMENT JAXXのライブがありました。

去年のフジロックで2番目に大きなホワイトステージのトリを飾ったアーティストです。

彼らは、今回のライブで、ももクロの妹分・チームしゃちほこがコラボ。

BASEMENT JAXXの人気曲を1曲だけ、チームしゃちほこが日本語詞で歌うというものです。

当然、「オリジナルのボーカルで聴きたい」という声があるわけです。

この2組の関わりは特になく、チームしゃちほこの登場も、ある日突然発表されました。

こうなると、BASEMENT JAXXのライブを楽しみにしていた人にとっては「いやいや、ちょっと待ってよ」ということになるわけです。

もちろん、「BASEMENT JAXXとチームしゃちほこのコラボ、サイコーだった」という人もいるので、一概には言えませんが、今後こういうケースがあるのであれば、もう少し理由付けをちゃんとして欲しいものです。

「動員を増やすためにアイドルとコラボしよう」という海外アーティスト側の思惑。

「海外アーティストとコラボして箔をつけよう」というアイドル側の思惑。

本音はそうかもしれないけど、そこを上手に隠すのがショービジネス。

今後も、アイドルと海外アーティストのコラボはあると思いますが、「ナシ」と疑いたくなるケースはないようにしていただきたいものです。

☆☆☆☆☆☆
リアルな人気がわかる
ネットの口コミ音楽ランキング RUSH RANKING
http://rush.rancha.jp
headerLogo