Honey Works『好きになるその瞬間を。』に隠されたエピソード


HW_newAsya_main3

甘酸っぱい胸キュンな歌詞で、10代を中心に人気沸騰中の音楽ユニット・Honey Works

作編曲のGomさん、shitoさん
そして、楽曲のイメージにあったイラストを描く
ヤマコさんの3人からなる、異色の音楽ユニットです。

今回リリースした3rdアルバム「好きになるその瞬間を。」も
甘酸っぱいフレーズ満載の胸キュンな1枚になっています。

気になるのは、このタイトル。
そもそもタイトルからしてすでに甘酸っぱい。

このタイトルを考えたのは、shitoさん。

20歳を超えた男子のshitoさんが考えたこのタイトル。
初めて聞いた時、イラスト担当のヤマコさんは
ニヤニヤしてしまうのだとか。

しかも、shitoさんは、
今回のアルバムのMVを作るにあたって
「好きになるその瞬間」の顔で表現してくれたそうです。

もう1つ。

アルバムに収録されている「東京サマーセッション feat. CHiCO」

この曲は、ボーカルのCHiCOさんとsanaさんのツインボーカル。
どちらも女性ですが、歌詞は男女の掛け合いとなっています。

なぜ、女性なのに男性目線の歌詞を歌うのか。

それは、この曲を作曲したGomさんの
「CHiCOに『俺』と言って欲しい」という想いが込められているそうです。

胸キュンソング連発のHoney Works

是非チェックしてみてください。

※RUSHランキングとは、ネット上の口コミ数が楽曲をランキングした新しい音楽ランキングです!
リアルな人気がわかるRUSH ランキングアプリ
↓ダウンロードはこちら
スクリーンショット 2015-04-02 16.43.00