中毒注意なガールズラップ5組!!水曜日のカンパネラ、Charisma.cоm…


908583j8393amain_s
最近、ラジオやyoutubeでちょくちょく耳にする「あのジャンル」
気が付くと繰り返し聴いてしまっている「あのジャンル」
気分を変えようと他のジャンルを聴いても、すぐにまた聴きたくなって戻ってしまい、すっかり抜け出せなくなってしまった「あのジャンル」
そのジャンルとは

「ガールズラップ」

今まで特別意識したことのないジャンルだ。
彼女たちの音楽を聴いていて気が付いたのが

「強い中毒性」

ここではユルいラップから本格ラップまで、最近話題の5組を取りあげてみた。どうにもこうにも頭に残る音楽ばかり、何卒中毒にならないようご注意頂きたい。

「お菓子を食べればいいじゃない!」

【水曜日のカンパネラ】
ハウスやテクノに乗せられる意味不明も特徴的な歌詞とボーカルのちょい下手なラップから起こる化学変化が異常なまでの中毒性を生み出す水曜日のカンパネラ。
主演 / 歌唱担当の「コムアイ」・サウンドプロデュースの「Kenmochi Hidefumi」・何でも屋の「Dir.F」から成る3人組ユニット。彼女のラップを耳にして気に掛けないでいるなんて不可能。本格的なエレクトロサウンドから「シャウエッセン」だとか「ソニックブーム」など、どこかで聞いたことある単語が飛び出してくる。また「伝統の作法 魔貫光殺砲」「熟成!72時間製法 お手を拝借パーティーSAY!HO!」など常軌を逸する韻の踏みっぷり。極め付けにコムアイの決して上手くはないラップが妙に耳に残る。とにかく作品のあらゆる部分に罠が仕掛けられているようで、罠に掛かればあっという間に病み付きになってしまう危険な音楽。

「シャカイノ犬 何でもできる、そんなために生まれた訳じゃない」

【Charisma.cоm】
めざましテレビで木村カエラ氏が好きと発言したことにより一躍有名となったCharisma.cоm。MCいつか・DJゴンチによるエレクトロラップユニット。
この二人なんと現役OLであるというから驚きだ。しかし、OLといって侮るなかれ。水曜日のカンパネラとは正反対にめちゃくちゃキレのあるラップを聴かせてくれる。ちなみにMCいつかは過去にメリヤス♀名義で活動していたこともある実力派ラッパー。
DJゴンチの電子音強めのエレクトロサウンドにMCいつかの毒舌リリックは目が覚めるようなカッコよさを演出してくれる。でも、実は毒舌の中には “もっと頑張ろう”という彼女たちの応援のメッセージが含まれているのだとか。

「白和えパーティーだ!あーいぇー」

【DJみそしるとMCごはん】
「おいしいものは人類の奇跡だ」がモットーの彼女。ラップ・トラックメイク・アートディレクションまで1人でこなしちゃうラッパー。
ん?1人?そう、どうみても2人組にしか見えない名前だけど1人。これは大橋トリオが1人と知ったとき以来の衝撃だった。音楽性はとーってもゆるく、もはや癒し。歌詞がレシピとなっており、歌詞通りに作業すると料理ができちゃう。イベントで観客がおまんじゅうを作ったり、音楽×料理の番組で教育テレビに起用されたり、完全に独自路線を行く食いしん坊ラッパー。

「ティッケー!!」

【hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)】
ユカリン(あたいちゃん)・チャンユミ(ちゃんさん)の2人からなるオルタナティブ・ガールズユニット。インドネシア発祥の高速ダンスミュージックFUNKOT(ファンコット)を取り入れたり、「だめよ~だめだめ」でお馴染みの「日本エレキテル連合」とのユニット「ハイパーエレキテル連合」を結成するなど、とにかく時代の先を行くアイドル。イロモノ扱いを受けていまいそうな所があるが、結成は2005年と実は下積み時代も長く、歌唱力・ラップ技術は確かなもの。その実力はライムスターの宇多丸氏も認めるところ。YAVAI!!
(注Sadachiは現在名誉サポートメンバーとなっているとのこと)

「ラップをするのは楽しいです!」

【lyrical school】
2010年結成の「清純派ヒップホップ・アイドル・ユニット」以前は“TENGAL6”として活動していた。
現在はami、ayaka、hina、mei、minan、yumiの6人のラッパーにより構成されるアイドルグループ。アイドル戦国時代の昨今「テクノのPerfume」「ヘビメタのBABY METAL」といったジャンルがはっきりしたアイドルが勝ち上がる中で、「ヒップホップ」を武器に戦うlyrical schoolは無視できない。その武器である「ヒップホップ」は従来のものとは少々違い、アイドル仕様にポップでかわいくて、ユルい仕上がりとなっている。また、いま最も注目を集める新世代トラックメーカーであるtofubeats氏が楽曲を一早くプロデュースしていたことも忘れてはならない。

以上、5組のガールズラッパー達を紹介させて頂いた。
どの曲も1回聴くことで頭に残り、何度も聴きたくなる中毒性を兼ね備えているラップ達だ。

ちなみに余談だが、今月10月11日にはCharisma.cоm主催の「どっと祭」が開催され、水曜日のカンパネラ、hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)の出演が決まっている。

ジワジワと広がりをみせるガールズラップの音楽。

ハマるとしばらく抜け出せない恐れもあるのでくれぐれも注意して聴いてほしい。