忘年会で使えなさそうなのにポテンヒッツな5曲


5680936499_c6ef44a413_b

今年もあと1ヶ月で終わりですが、この時期は忘年会シーズンに突入前夜で意外と仕事以外でも神経を研ぎ澄ませる事が多くなるのではないでしょうか?

ネットでは、忘年会に使える曲、盛り上がる曲をついつい探してしまい、誰かと同じ選曲になって何を歌えばいいのか分からないという人のために、マニアックでもないけれど社外でも遺憾なく個性を発揮できるという曲を選んでみました。
(ドン引きされました。というクレームは受け付けません)

1、 沢田研二 「勝手にしやがれ」
これは、50代の男性上司にウケがいいのは必死だと思います。大抵の人は一度は聴いたことがあるはず。本人映像で、沢田研二になりきって歌うと意外と盛り上がります。

2、 中森明菜 「少女A」
秋に出たベストアルバムが好調に売れている中森明菜ですが、他のアイドルの曲よりも
声のキーが低いので男性でも歌いやすいという点では、ベストです。「DESIRE」を選ぶ方が多いかもしれませんが、この曲で明菜のように流し目で不安定な少女のように歌い上げられたら、もしかするとクリスマスが楽しくなるかもしれません。

3、 クリープハイプ 「イノチミジカシコイセヨオトメ」
既にチャレンジ精神で乗り切る曲ですが、歌う人によって盛り上がる、ドン引きの二極化に分かれると思います。ちなみにある程度グダグダした3次会に歌うと、かなりの確率で見たことの無い光景が広がるかもしれません。

4、 山本譲二 「みちのくひとり旅」
これも本人映像で歌うと、より個性が発揮できる1曲です。シュール過ぎるMVで会話が途切れても、次の会話を無理やり繋げる事無く楽しめる1曲です。

5、 「おさかな天国」
マニアック過ぎる1曲ですが、歌いやすい、どこかで聴いた事がある、でもよく知らない、という誰でも質問をしたくなる1曲です。聞けば意外と耳に残ってしまう癖のある曲でもあります。

いかがでしたか?時期を問わずカラオケに行きますが、集まる人によって選曲が難しくなる事もあるかと思います。特に、普段個人的なコミュニケーションを取る事がない上司や異性の同僚などと歌を通して、会話が弾む事もあるかもしれません。
普段話をすることが無い相手でも、会話のきっかけ作りや歌う曲によっても印象が変わるそんな忘年会のカラオケで盛り上がりましょう!

☆☆☆☆☆☆
音楽の今がわかる
ネットの口コミランキング RUSH RANKING

headerLogo

http://rush.rancha.jp/index.html