“子供になって”挑む―a flood of circle、新体制初の全国ツアー!@横浜FAD


news_xlarge_afloodofcircle_art201409

―■「Boy」から、「KIDS」へ。“裸足の子供になって”新たなるスタートを切る。

9月に新たなるギタリストDuran(Made in Asia)を迎え新体制となったa flood of circleが、ニュー・アルバム『GOLDEN TIME』を引っ提げて全国ツアーをスタート。”Golden Time Rock’n’Roll Show”と題して11月15日、千葉 LOOKを皮切りに全15公演を全て2マン形式で行う。その2日日横浜FADを観た。

この日彼等が戦いを申し込んだのは西宮のロックンロールキング、KING BROTHERS。「a flood of circle(以下フラッド)の誘いだから」と前日名古屋でライヴを行っていたにも関わらず、横浜に駆け付けた。疲れを感じさせるどころか、そのステージの熱と破壊力は桁外れだった。まずステージから飛び出したのは、ギター&スクリーム担当のマーヤ。縦横無尽にFADのフロアを泳ぎ回ったかと思えば、フロア後方に到達したところで肩車状態になり「に!し!の!み!や!」コールを叫び狂う。そして最終的にはケイゾウ(vo,g)、ゾニー(Dr)もフロアへ集結。「もう時間がない、」と言いながらもフロアに運び込まれるアンプにドラム。ラストは、なんと全員がフロアに降りての演奏となった。

その音楽性は然る事ながら、フロアに居る人間を一人残らず一人ずつ射抜いていく様なライヴパフォーマンスは、現在のフラッドのそれに通ずるものがあった。佐々木はそんな彼等を敬愛の意を込めて、“キンブラ”ではなく“キング”と呼ぶと言うが、ロックンロールでフロアを統べるその手腕は、確かに王者以外の何者でもなかった。

フロアはKING BROTHERSが暴れ回った余熱と、新生フラッドを迎える期待感と緊張感で、転換の間も高めのテンションを維持していた。そして、満を持して新生a flood of circleがステージに姿を現した。臙脂色の革ジャンの佐々木、柄シャツの渡邊一丘(Dr)、黒いドレスのHISAYO(Ba)そして、黒いハットを被ったDuran(Gt)。渡邊のドラムが、ゴールデンタイムの幕開けを告げる。

「おはようございます、ア、フラッド、オブ、サークルです!」の馴染みの挨拶と共に始まったのは「GO」。こんなにも勢い任せに歌う佐々木亮介を、初めて観た。叫んでも、暴れても決して崩れない彼のヴォーカルが、暴発していた。自らの熱量と勢いに揺さぶられながらも抗う事もせず、時に狂い、時に掠れながら歌う。そして佐々木がイントロ最後の「Ready,steady,GO」を叫びきったその瞬間、稲妻の様なギターリフが切り込まれた。

9月にフラッドの正式ギタリストに就任したDuranだ。前任の曽根巧が、レスポールでヴィンテージ感のあるセクシーでこっくりとした音であるのに対し、Duranはフェンダーで、バリバリとアグレッシヴに攻めてくる。去年の12月、佐々木とDuranの初共演のステージで、彼のギターを初めて聴いた時、まるで暴れ馬みたいだ、と思った記憶がある。そうしたら今作の『GOLDEN TIME』に「Rodeo Drive」という曲があるではないか。この日は3曲目に演奏された「Rodeo Drive」。漸く4人でのライヴがステージとフロアにバシッと馴染んだ瞬間だった。だがしかし、これは全くもって予想外だった。

何故なら「Rodeo Drive」はその名の通り、実にアンバランスで、間違っても一体感を覚える曲ではないと思っていた。Duranのギターが、暴れ馬が如く曲の中を縦横無尽に踊り狂う一方で、渡邊一丘のドラムは素知らぬ顔で一定のリズムを刻む。不協和音になる一歩手前を、絶妙なバランス感覚で曲として成り立たせる。そんな離れ業のロックンロールなのだ。しかし、この曲が前半イチの盛り上がりを魅せた。渡邊のドラミングに乗じてハンドクラップが巻き起こる。彼等が『GOLDEN TIME』という作品に詰め込んだ“実験”が成功した瞬間だった。

「メロディから曲を作ること」「4人でせーので録れる事。」この2点こそが、『GOLDEN TIME』に於ける新しい試みであり、ひとつの“実験”だった。『GOLDEN TIME』という作品を語る時、佐々木が往々にして使う“動物的”という言葉の裏にあるのは、この2大要素だ。『GOLDEN TIME』という作品は、良い意味で冷静さと様式美がない。その代わりに、衝動と昂揚がぎゅうぎゅうに詰まっている。この変化は、かなりのものだ。大黒柱をすげ替える様なものだと言っても過言ではない。この行為は、バンドを、一から構築し直す様なもの。全県ツアー、全曲ライヴを成功させ、盤石の地位を得たバンドがやるには、あまりにもクレイジーだと思った。しかし、彼等はこれを事もなげに成功させたのだ。

3年前、〈「どうか離れないで」戻れない坂道を転がり落ちてゆく運命の刹那/Oh Yeah Keep On Rolling〉満身創痍で泣き笑いの様に「Boy」を歌っていた佐々木が今、〈裸足の子供になって僕ら/水平線の向う側に/新しい夢を見る〉と「KIDS」を歌う。a flood of circle というバンドはいつしか、佐々木や渡邊が子供になってやんちゃをしたくらいでは壊れない、強く大きな存在になっていたのだ。だから、佐々木はずっと温めてきたワガママをフラッドに言ったのだろう。「4人体制でやりたい、」と。

ステージで、佐々木は何度もDuranの名前をコールした。その姿はまるで、悪友を得た悪ガキの様であり、恋を覚えた少年の様でもあった。今のフラッドは、青臭く、暑苦しい。4人でのパフォーマンスは、正直まだまだ部分も多い。けれど、ゴールデンタイムが24時間のうち3時間しかない様に、そんな彼等の青さも、このツアーにしか詰まっていない。彼等の『GOLDEN TIME』を見逃すな。 (文=イシハラマイ)

●関連記事
 
【a flood of circle新ギタリストDuran加入!5年ぶりの4人体制へ】
http://www.entamesuki.com/?p=373

☆☆☆☆☆☆
リアルな人気で音楽ランキングを
ネットの口コミランキング RUSH RANKING

headerLogo

http://rush.rancha.jp/index.html

●ライヴ情報
AFOC Tour “Golden Time Rock’n’Roll Show”

2014年11月15日(土)千葉県 千葉LOOK

2014年11月16日(日)神奈川県 F.A.D YOKOHAMA

2014年11月21日(金)愛媛県 Double-u studio

2014年11月22日(土)大分県 club SPOT

2014年11月24日(月・祝)兵庫県 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎

2014年11月29日(土)茨城県 mito LIGHT HOUSE

2014年12月5日(金)岩手県 盛岡club change

2014年12月7日(日)宮城県 BLUE RESISTANCE

「AFOC Tour “Golden Time Rock’n’Roll Show”」追加公演

2015年2月12日(木)長野県 LIVE HOUSE J

2015年2月14日(土)宮城県 SENDAI CLUB JUNK BOX

2015年2月21日(土)北海道 cube garden

2015年2月27日(金)大阪府 BIGCAT

2015年2月28日(土)愛知県 DIAMOND HALL

2015年3月7日(土)東京都 EX THEATER ROPPONGI

2015年3月8日(日)東京都 EX THEATER ROPPONGI
※全て2マン