「音楽ニュース」カテゴリーアーカイブ

ジェンダーレス男子「こんどうようぢ」って?新曲もまもなく発売


kondoyoudi

今朝、ズームインサタデーをふと見ていたらジェンダーレス男子「こんどうようぢ」さんが出ていました。

とにかく何者なんだろうとみて色々しらべてみると「ジェンダーレス男子=男女の壁を越えたファッションをする男子」なんですね。

そして、そのジェンダーレス男子の中でも今すごい人気なのが、カリスマ読者モデルの「こんどうようぢ」さんなんですね。

そんな彼は1/13に新曲を発売するそうです。これが2枚目だそうで、すでに去年デビューしてたんだと思いましたが、とりあえずその新曲「ぱんっ!!!!!」のMVが公開されているので紹介します。

なんだか可愛らしい背景や衣装、そしてキャッチーな曲とダンスはすこしきゃりーぱみゅぱみゅを意識した感じでしょうかね。

ちなみにデビューシングルはヒャダインこと前山田健一が作曲、綾小路 翔(氣志團)が作詞をした「30th CENTURY BOY MUSIC」。

今年一気にブレイクするのかもしれません・・・注目しとこうと思います!


PerfumeとOK Goの楽曲コラボが実現!TVアニメ「SUSHI POLICE」の主題歌に


main

PerfumeとOK Goは、お互いのミュージックビデオでのカメオ出演がきっかけで、今回は本格的にコラボして楽曲を制作したそうです。

sub4

タイトルは「I Don’t Understand You」で1月6日オンエアのTOKYO MX開局20周年記念番組『SUSHI POLICE』の主題歌にも決定したそうです!

PerfumeとOK Go

PerfumeがOK Goのミュージックビデオに出演してるのは「I Won’t Let You Down」ですね。

全編ドローンによる一発撮りということで話題になりましたが、PVの冒頭にPerfumeの3人が登場していますね。

逆にOK goがマネキンとして出演しているPerfumeのミュージックビデオ「Pick Me Up」はこちら!

今回のコラボ楽曲「I Don’t Understand You」はOK goのダミアン・クラッシュが作曲し、アレンジをPerfumeの楽曲を担当している中田ヤスタカ(CAPUSULE)がしているそうです。

PerfumeのメンバーとOK goのダミアン・クラッシュが以下の様なコメントしていて、楽曲は1月7日から各種サービスを通じて配信されるそうです!

あ~ちゃん

大ファンのOK Goさんと、 まさか楽曲までご一緒できるなんて夢のまた夢です。

私達のアメリカ公演でOK Goさんが見に来てくれたときに楽屋裏で話したことが本当に実現しました。 海外の人の行動力ってすごいです!ほんとにCREATIVE!!!

ダミアンのつくる楽曲のセンスはなんともいえないオシャレな心地いいダンスチューンです。

海を越えて国を越えてレーベルを越えて…こんな共演できるなんてUNBELIEVABLE!!!!!!

たくさんの方に感謝です。

とっても嬉し~い~~~!!!

ライブでもコラボレーションしたいなぁ  

かしゆか

もともと大好きだったOK Goと以前MVでコラボさせていただいたとき、それだけで夢みたいだと思っていたのに今回楽曲でコラボさせていただけてほんとに信じられないくらい嬉しいです!
文化の違いは時に歩み寄る方法が難しいこともありますが、わかり合えたときの喜びもとても大きいものだと自分のワールドツアーを通してとても感じました。
この曲を通して少しでもたくさんの方に日本語や日本に対して興味を持ってもらえたら嬉しいです。

のっち

あの! あの! OK Goさんとのコラボレーション! 信じられません。事前に何曲も候補曲を作ってくださって、聞かせて貰ったのですが、色んなタイプの楽曲でどれもかっこ良くて全曲歌ってみたかったです。
既に歌が入っていたのですが、OK Goさんの世界観に入り込んでいく感覚が本当に心地よく、とっても幸せなレコーディングでした。
所々入る日本語歌詞も素敵です。
アニメと一緒に楽しんで貰えたら嬉しいです!

ダミアン・クラッシュ

僕たちは以前からPerfumeの大ファンで、彼女たちの意欲的、革新的でクリエイティブなアイデアに共感していました。素晴らしいアイデアが言語や文化の壁を超えることに感動を覚えます。シンプルなコミュニケーションでさえ難しい中で、その相手とつながったと感じる瞬間です。そういう意味で、昨年、お互いのミュージックビデオでコラボレーションできたことを、とてもうれしく思いましたし、その中でさらにもっとコラボしたいという流れになりました。当初のアイデアはとてもシンプルに、文化の違いを面白おかしく描こうということで、そのまま「I Don’t Understand You」(あなたのことは理解できない)というタイトルを付けました。そのアイデアをもう少し普遍的にするため、楽曲の中では、文化間の違いを男女間の恋愛トラブルに置き換えてみました。こうすることにより、楽曲に3つのストーリーができあがりました。男と女、日本とアメリカ、PerfumeとOK Goです。


モーターヘッドのレミー・キルミスター氏が死去


衝撃が走りました・・・

lemmyロイターなどで報じられていてすでにご存知の方も多いと思いますが、イギリスのヘビーメタルバンド「Motorhead」のフロントマン レミー・キルミスター氏が死去したそうです。享年70歳。

亡くなる2日前に進行性のガンを告知されたそうですが、あまりにも、あまりも早い訃報となってしまいました・・・。


オジー・オズボーン氏もレミー・キルミスター氏の死去の報告を受けてTwitterで追悼メッセージを公開しています。

本当に残念です・・・ご冥福をお祈りいたします。

 


Let It BeやHelp!も!ビートルズの楽曲が音楽ストリーミングサービスで配信開始!


クリスマス・イブにビートルズから素敵なプレゼントが届きました!

beatlesすでにiTunes Storeなどの楽曲配信サイトでビートルズの楽曲を購入することはできていましたが、今回Apple MusicやGoogle Play Music、Amazon Prime Musicでビートルズの楽曲が聴けるようになったんです!

クリスマス・イブに開始するあたりニクい演出ですが、音楽ストリーミングサービスに加入していればいつでもビートルズの楽曲が楽しめるようになったのは嬉しいですね。

ちなみに、Recommend Labというサイトでは、ビートルズのヒット曲を集めたプレイリストを公開しています。ビートルズをあまり聴いたことない人にはまずはこのプレイリストから入ってみることをオススメします。

 


嵐が11冠を獲得!ORICON、「第48回オリコン年間ランキング2015」を発表!


毎年恒例ですが、ORICONが今年1年間を振り返る「第48回オリコン年間ランキング2015」を発表しました。

orikonnenkanranking

今年は特に「嵐」がアーティスト別トータルセールスを含む11冠を獲得、これは昨年同じく「嵐」が記録した10冠を超える史上最多となったそうです。

なお、トータルセールスでは、2位はAKB48、3位に三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、4位はKis-My-Ft2、5位に関ジャニ∞とランクインしています。

年間シングルランキングではAKB48が1〜4位を独占

2015年年間シングルランキングTOP10は以下のようになっていますが、相変わらずAKBグループが圧倒的な強さを見せつけていますね。

  1. 僕達は戦わない/AKB48
  2. ハロウィン・ナイト/AKB48
  3. Green Flash/AKB48
  4. 唇にBe My Baby/AKB48
  5. コケティッシュ渋滞中/SKE48
  6. 今、話したい誰かがいる/乃木坂46
  7. 太陽ノック/乃木坂46
  8. 命は美しい/乃木坂46
  9. 青空の下、キミのとなり/嵐
  10. Don’t look back ! /NMB

嵐やAKBグループの活躍をみるとやはりアイドルの強さというのが際立ちますね。

年間アルバムランキングでは嵐がトップ

年間シングルランキングにつづいてアルバムランキングを見ていこうと思いますが、ここでもジャニーズやAKBグループが強いのがわかりますね。

  1. Japonism/嵐
  2. PLANET SEVEN/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
  3. DREAMS COME TRUE THE BEST!私のドリカム/DREAMS COME TRUE
  4. ここがロドスだ、ここで跳べ!/AKB48
  5. 0と1の間/AKB48
  6. REFLECTION/Mr.Children
  7. 葡萄/サザンオールスターズ
  8. Tree/SEKAI NO OWARI
  9. 関ジャニ∞の元気が出るCD!!/関ジャニ∞
  10. KIS-MY-WORLD/Kis-My-Ft2

今年から様々なストリーミング配信サービスが始まり、音楽の聴き方が多様化していくその元年となりそうな1年でしたが、こういったORICONランキングなども来年になるとどう変わっていくのか注目したいところですね。