「ライブ・イベント」カテゴリーアーカイブ

初めてRIJに参加するあなたへ!これだけは押さえておきたい5つのポイント


mainlogo

雨が降ったり降らなかったり、ジメジメとした日々が続いている。しかし、梅雨が明けたらいよいよ夏だ!
音楽好きにとって、夏といえば夏フェス。ギラギラした太陽の下、屋外で楽しむライヴは、普段なかなかお目にかかることのできない感動と出会うことのできる場所である。

特に、日本で最大規模の夏フェスといえばROCK IN JAPAN FESTIVALだ。今年も8月1日・2日・8日・9日に開催されることが決まっており、既に全ての出演アーティストが発表となっている。「まだ行ったことがないけれど、夏フェスに行ってみたいな」と思う人の多くが初めて足を運ぶフェスも、おそらくRIJなのではないだろうか。

様々なメディアや個人のブログなどで、RIJ初心者に向けた記事や特集が組まれていることとは思う。しかし、どれだけ準備を行っても、「初めて」にはある種の不安が伴うものだ。そこで今回は、初めてRIJに行く人に向けて、筆者が毎年気をつけているポイントを5つ紹介しよう。

【その1】早めについて、フェスの雰囲気を楽しもう
タイムテーブル上の最初のアーティストが始まるのは10時半だが、もっと早い時間からDJアクトは始まっている。そのため、早めに中に入ってもすぐにフェスの雰囲気を満喫することができる。初めての場合、遅くとも9時頃には到着しておくと良いだろう。毎年高速道路は非常に混み合うため、早め早めに行動しておかないと、最初のアーティストに間に合わなかった!なんてことにもなりかねない。

また、RIJの会場であるひたち海浜公園は思いの外広い。フェスが始まってからは、特に大きなステージでのアクトが終わった直後などはとにかく人の行き来が多いため、移動に時間がかかる。ステージの位置関係や距離感などを把握するために、ライヴが始まる前に一度会場内を一周してみると良いだろう。会場内には毎年特製のオブジェが飾ってあったり、目に留まる看板が立っていたりと、思いもよらないフォトスポットも見つかるかもしれない。

【その2】オフィシャルグッズはすぐに売り切れる!
ひたち海浜公園では、Tシャツに通気性の良いズボンというスタイルを見かけることが多い。自分の好きなバンドのTシャツを着るだけでなく、フェス会場で売られているオフィシャルTシャツを着るのもテンションが上がること間違いなしだ。ただし開場してからしばらくは、オフィシャルグッズ売り場にはとんでもなく長い列ができる。その上、人気のTシャツはかなり早い時間に売り切れることもあるので注意が必要だ。

どうしても欲しいグッズがある人は、先行予約を活用すると良いだろう。午後になってから引き替えに行けばそれほど並ばなくて済むのも魅力的である。毎年フェスが近づくとアナウンスがあるので、見逃さないようにしよう。

【その3】日焼け対策は徹底的に
丸一日野外で過ごすと、ものすごい量の汗をかくことになる。そのため、日焼け止めはこまめに塗り直さないと意味を成さない。「美白には特に興味がないから大丈夫」なんて言ってる場合ではない。火傷したかのような痛みを体験したくないのであれば、日焼け止めはしっかりと塗るべきである。

特に日焼け止めが落ちやすいのが、鼻の頭だ。筆者が初めてRIJに参加した年は、帰宅してふと鏡を見たら鼻の頭だけ真っ赤に焼けていた。あまり見栄えの良いものではなかったので、汗をかきやすい箇所は特に注意して塗り直すと良いだろう。

また、首に掛けたタオルも日焼け防止の役割を果たす。中にはフード付きのバスタオルを被っている人もいるが、使い方によっては熱がこもってしまうので諸刃の剣かもしれない。

余談だが、数年前にとあるバンドのグッズで販売されていた黒いバスタオルを被ってみたところ、ものの30分でほとんど1日分の汗をかいたような気がした。熱をこもらせないような色のものを選ぶことをオススメする。

【その4】スマホのバッテリーは大いに余裕を持って準備しておこう
何人かで行く場合は連絡用に、一人で行く場合でも公式アプリがかなり便利なので、スマホはフル活用することになる。人が多いからか、ひたち海浜公園では普段以上の速度で電池を消耗する。太陽がギラギラ光る屋外で1日過ごすことになるため、画面をかなり明るくしておくことになるのも電池の減りを加速させる要因の一つといえる。いつもはそれほどスマホを使わないという人でも、念のため予備のバッテリーを持っていくと安心だ。

公式アプリは、本当に便利。特に重宝するのは、自分なりのタイムテーブルを作れる「マイ・タイムテーブル」機能だ。タイムテーブル上に現在時刻を表示してくれるので、お目当てのアーティストまであとどのくらい時間があるかも一目瞭然。スマホユーザーなら、絶対にインストールしておこう。

【その5】宿泊の場合、フットケア用品を忘れずに
2日以上にわたってフェスを楽しむ場合、初日の疲れを2日目に引きずるのは避けたいところ。かと言って、翌日のことを考えて体力をキープしていてはもったいない。そこで、1日目の疲れを翌朝までに解消するため、フットケア用品を持参すると良いだろう。

はいたまま寝るタイツのような形のものや、湿布のように貼って一晩過ごすものなど様々なタイプがあるので、事前にどれが自分に合うか試しておこう。これがあるのとないのとで、翌日の回復具合が段違いだ。
また、浴槽のあるホテルなどに宿泊する場合は、面倒でもお湯をためて湯船に浸かると疲れがすっと抜けるので是非試してみてほしい。

いかがだっただろうか?初めてRIJに行くことに決め、情報収集を行っている人の一助となれば幸いである。初めてひたちなかで過ごす夏は、きっと一生忘れられない思い出になるはずだ。筆者も、初めて参加したRIJのことは他の年以上によく覚えている。どうか、しっかりと準備をして最高の夏の幕開けを迎えていただきたい。それでは8月に、ひたちなかでお会いしましょう!

ふじロックの記事はこちら
2014フジロックあるある100カ条!何個当てはまる!?

RIJ出演アーティストのリアルな人気がわかるRUSH ランキングアプリ
↓ダウンロードはこちら
スクリーンショット 2015-04-02 16.43.00


いきものがかりの武道館公演、センターステージって良いな、と思った話


profile20150330-400x300

先日、いきものがかりの武道館公演に行ってきた。
CDで聴く以上にパワフルな3人の音楽に元気をもらったことはもちろんだが、今回のツアーでは今まで以上に彼らの良さが伝わってきたように思った。その理由のうち最大の一つが、今回彼らが全公演で取り入れているセンターステージだ。

センターステージといえば、ライヴの中盤あたりでアーティストがよりオーディエンスの近くに来るために使う、会場の中盤にある小さめのステージ。BUMP OF CHICKENの「はずかし島」などは有名ではないだろうか。でも、いきものがかりの今ツアーはこれとは少し違う。ライヴの全編通して、ずっとセンターステージで演奏するのだ。360度、周りはすべてオーディエンス。このスタイルが、すごく良い。通常のステージに比べたらまだまだ見ることの少ないスタイルだけれど、これから様々なアーティストが取り入れてくれたら良いなと期待しつつ、センターステージの魅力を語ってみよう。

■アーティストとの距離が近い
まず単純に、ステージがとても近くに感じられる。というか実際、近い(当然といえば当然だが)。筆者は武道館の後ろから5列目くらいからライヴを見ていたのだが、それでもあまり遠いと感じなかった。
それは単に距離の問題だけでなく、アーティストの後ろ姿まですべて見えてしまうからかもしれない。ドラムセットやパーカッションセットの後ろ姿や、くるくると360度を見回しながら歌う姿は、通常のライヴでは見られない。そんな“特別感”とでもいうようなものが、アーティストとオーディエンスの距離をより縮めているように思った。

■会場全体がステージとなる
通常のフロントステージだと、割と後ろの方の座席にならない限り、演出全体を見回すのは難しい。特に大きい会場では、レーザーで会場の前方から後方まですべてを照らす演出があったりするが、なかなかその全貌を見ることのできる席はなかったりする。

しかし、フロントステージでは、どの席からでも会場全体を使った演出が見渡せるのだ。いきものがかりの公演では、ステージから後方座席にむけて放射状に照らされたレーザーが圧巻だった。これはセンターステージならではの良さだろう。

見えるのは、アーティストや演出だけではない。自分の向かい側にいるお客さんの表情が見られるのも、楽しみの一つだ。あるときには弾けるような笑顔で、あるときにはうっとりしたような表情で。アーティストから見える景色をほんの少しだけ共有できているような気がするのが、センターステージの醍醐味かもしれない。

アーティストや演奏曲目だけでなく、ステージの形態によってもライヴの雰囲気はずいぶん変わる。先にも書いたように大半のライヴはフロントステージ形式だが、この夏は代々木第一体育館でかいさいされるJ-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015もセンターステージ形式を取るそうだ。あれだけの大きな会場で真ん中に円形のステージを設けたら、他では得難い感動があるのではないかと思う。

もちろん、センターステージ以外にも、それぞれのアーティストが自分たちのステージに工夫を凝らしていることに違いない。今度ライヴに行く時は、そのステージの形ならではの魅力を探してみてはいかがだろうか?

ちなみに、5月13日に発売された『あなた』のRUSH ネットの口コミ数がわかるRUSH発売前ランキングでみていくと、
発売週5位、1週前3位、2週前3位、3週前5位、4週前6位、という形で3週間前からベスト5に入っていたことがわかります。

最新の口コミランキングはRUSH のアプリでチェックしてください
↓ダウンロードはこちら
スクリーンショット 2015-04-02 16.43.00


りぶ「Rib-on“e”」 @なんばハッチ2015/02/26 ライヴレポ:「弱虫な勇者の他愛もないストーリー」は終わらない


1

今年2月4日に、自身3枚目となるアルバム『singing Rib』をリリースした歌い手・りぶ。圧倒的な歌唱力と親しみやすい人柄で多くの支持を集めてきた彼が、アルバムのリリース・パーティーとして東名阪でワンマンライヴを行った。2月26日、大阪なんばHatchで行われた初の関西ワンマン公演は、とんでもない熱気と多幸感に溢れた空間であった。
続きを読む


【決定版】フジロックあるある100選!何個当てはまる!?


fuji

fuji1

フジロック2014が無事終了しました!

記憶が鮮明なうちにフジロックのあるあるをまとめてみました。
あるある!だったらRTお願いします!

1 初回にビーチサンダルで行って、グリーンステージのぬかるみに足首までつかる

2 ありえない軽装備の人を見ると心の中でそっと手をあわせる。

3 フジにいくようになってから洋服の趣味が変わった

4 男子がレギンスデビューする

5 登山家をリスペクトするようになった

6 外国人の薄着具合に、わかっていても毎年驚く

7 備えあれば憂いなしの本当の意味を知った

8 派手な服をえらんだのに、けっこうカブる

9 想像しているよりも毎年寒い

10 やまない雨はないという言葉が実感できる

11 人の装備や格好を見てお主なかなかやるなと一人頷いている。

12 雨がふらないとフジに来ている感じがしない

13 雨が降り出してからの着替えの速度が半端じゃなく早い

14 毎年装備が強化されて4年目でほぼ完全体になる

15 入口でゴミ袋をもらうが意外と使わないままバックの隅にいる

16 空を見て天気がわかるようになる

17 フジごはんのスタートは苗場食堂からスタートすると決めている

18 この3日間だけはどれだけ食べても飲んでもOKというマイルールをつくっている

19 これを食べないと帰れないというモノが多くなりすぎて食べきれない

20プリンスホテルのステーキプレートがちょっと高くて今だに食べれてない

21 恥ずかしいので1人になったときにこそッと同じモノをまた食べている

22 麺の器とビールを両方持って食べようとするとだいたい事故る

23 ビールを3つ持とうとするとけっこうこぼす

24 ほんとうはグリーンステージまで食べ物を持って行きたくない

25 草餅といえばコイツとアタマに浮かぶやつがいる

26 ところてんのタレが少ない気がする

27 ピザを食べるときにかぎって雨が降ってくる

28 ラムチョップの量の少なさに毎年驚く

29 いろんな飲みものを持参するが最後は焼酎に戻る

30 初出店の店の看板についてアドバイスしたくなる

31 実はパエリアを一番たくさん食べている

32 何故か飲みかけのペットボトルがバックに3個ぐらい入ってる

33 きゅうり味噌を家で食べてみるがあまり上手くない

34 トイレの時間から逆算して、ビールを飲む

35 元カノや元カレに似ている人とすれ違いドキッとする

36 なぜか毎年会えない人がいる

37 あったら乾杯しましょうといっている人とは乾杯できない

38 東京駅の大丸でおみやげを買いアリバイをつくる

39 いまだにドラゴンドラの乗り場がわからない

40 朝イチのオレンジは果てしなく遠い

41 素敵な出会いがありそうでない

42 ヘブンは可愛い子率が高い気がするが基本カップル

43 フジロックを乗り越えたカップルは結婚しても大丈夫

44 木曜から参戦してるがSNSにつぶやくのは土曜日から

45今年こそと思うが素敵な出会いが毎年ありそうでない

46 子連れの人を見るとフジで出会った2人だと思ってしまう

47 毎年そいつにだけトラブルが起こる友だちが1人いる

48 涙腺が弱くなって、しばらく戻らない

49 ちょっとの雨では傘をささなくなる

50 駅の改札で間違ってリストバンドを見せそうになる

51 毎年、今年が最後と思うが気づくと予約している

52 リストバンド焼けをしている人を見ると話かけたくなる

53 本当は越後湯沢から相乗りでタクシーで行きたいが未だに実現できていない

54 フジに行けない友人のほうが出演者に詳しい

55 日本のどこにこんなに音楽好きがいるのか不思議に思う

56 困ったらヘブンに行けば大体正解

57 オールナイトフジ後の帰宅はゲートを出てからがマジ遠い

58毎年チャレンジするが実は今だにロックの良さが理解できていない

59 フジロックの特別番組を楽しみに見るが、ほとんど見てないアーティストで愕然とする

60 MCが英語で何行ってるかわからないが、とりあえずわかった感をだす

61 ヘブンで寝すぎて、見たいアーティストを見逃す

62 ヘブン横のトイレは手前が混んでても実は奥がガラガラ

63 友だちと来ていても気づくとほとんど1人で行動している

64 アーティストっぽい外国人に写真を取ってもらったが未だにだれかわからない

65 Twitterで感想をつぶやこうとするがアーティスト名のスペルがわからず途中でやめる。

66 休んでる時に詳しすぎる人たちの話をこっそり聞いて参考にする

67 フジ用に買ったロックTシャツが雨具で終日見せれない

68 フジ前後1週間はソワソワと脱力感で仕事にならない

69 レッドマーキーでアホっぽい外国人を見るとなぜかテンションあがる!

70 朝までハイテンションの外国人を見てこいつらにはかなわないと思う

71 深夜のレッドマーキーでおごってもらえると超うれしい

72 会社の人にフジロックは誰がでるのと聞かれて加藤登紀子と答える

73 毎年一緒に行く人が少しずつ減っていく

74 入念にタイムテーブルをチェックするが守れたことがない

75 レッドマーキーで先に帰ろうといったら負けみたいな感じになり気づくとみんな会場で寝てる

76 夜のグリーンで椅子の場所がわからなくなりウロウロする

77 管楽器が入っていれば大抵盛りあがれる

78 アーティストが被った時の選択失敗する確率は異常

79 気づくとほとんどライブを見ていないことに焦る

80 ベストアクトは日本人以外の人を言いたい人多すぎ

81 グリーン車で行くとなぜか必ず芸能人にあえる

82 帰りの越後湯沢駅で椅子を出して電車を待つ

83 入場ゲートとグリーンの2枚しか写真がなくて驚く

84 一番電話したいときに携帯の充電がなくなってダメ元でオアシスで待つ

85 フジロックの時だけ頼もしい友だちがいる

86 毎年フジに行くが実はサマソニのほうが見たいアーティストが多い

87 フジロックの後は数万円の温泉旅行が安く感じる

88 可愛い子に話しかけようとすると必ず怖そうな人の彼女で焦る

89 越後湯沢からタクシーで会場まで行くときの優越感が半端ない

90 フジに長く行っている人は雰囲気でわかる気がする

91 フジロックは今年で最後というデマ情報を毎年掴まされる

92 鮎を売っている人が毎回、今ちょうど焼き立てです!というのを微笑ましく聞く

93 毎年行ってるがいまだに川遊びをしたことがない

94 ところ天国でホワイトの演奏を聞くのが最高の贅沢だと思う

95 毎年一緒に行っている友だちが自分の好みを完璧に把握する

96 絶対に一緒にフジに行ける子と付き合おうと毎年決意する

97 フジロックのタイムテーブル表が捨てるに捨てられずけっこうかさばる

98 日焼けが痛くて湯船に浸かれない

99 ものすごく自分がクリエイティブになった気分になるが1週間で魔法がとける

100 リストバンドをはずすまでがフジロック

以上、2014フジロックあるあるでした!
皆さんのあるあるはなんでしょうか?

※RUSHランキングとは、ネット上の口コミ数が楽曲をランキングした新しい音楽ランキングです!
リアルな口コミ人気がわかるRUSH ランキングアプリ
↓ダウンロードはこちら
スクリーンショット 2015-04-02 16.43.00